It Seems Like I Got Reincarnated Into The World of a Yandere Otome Game

HANAKI Momiji

Volume 4 Chapter 9

Report Chapter
webnovel
webnovel

番外編『舞台幽霊のカプリチオ』

第九話

Extra arc 『The Stage Ghost's Cappricio』 Chapter 9

Edited link:

学園の生活が始まってしまえば、ヴォルフやシェイドの手前いつまでも暗い顔はしていられなかったり。アルトが――本人そのつもりはないにせよ――私の日常を忙しくして、考えこむ時間が減ったり。

Now that school began, I couldn't keep wearing a gloomy face in front of Wolf or Shade. And with Art – whether or not he meant to – making my everyday life busy, the time to think grew less and less.

その間にも彼女はたびたび私に手紙をくれて、私も返事を返した。

During that time, she would regularly send me letters and I would also send back replies.

けれど、私は彼女の舞台を観に行くことはしなかった。たとえ彼女に誘われても、曖昧な言葉で断ってしまった。

But I hadn't gone to watch her performances. Even when she invited me, I'd ended up turning her down with ambigious words.

――怖かったから。

–I was scared, after all.

彼女からの手紙を開封するときも、私の手は勝手に震えた。

Even when I opened her letters, my hands would shake on their own.

手紙はフランデルト様を経由してリーリア公爵邸に届けられる。その中身がいつか、『女優ミリア・ガラントの訃報』に変わるのではないかと、思わずにいられなかったのだ。

The letters were delivered to the Lilia residence via Frandert-sama. I couldn't help but think that 『Actress Miria Galant's obituary』 might someday be inside the letters instead.

彼女からの手紙の返事ではなくて。

That it wouldn't be a reply from her.

私自身が彼女に伝えたいことをしたためようと前向きな気持でペンをとったのは、例のゲームにまつわる、ギフトが起こした騒動の後のこと。

I picked up the pen, thinking positively to write about something that I wanted to relay to her, about what happened after the disturbance that Gift caused relating to the game.

私が、少しでも自分を変えよう、未来の為に変わっていこうと、そう考えた後のことだ。

Something about after I'd thought that I should change myself even a little, to change for the sake of the future.

いつも、お手紙をありがとう。

Thank you for the letters as always.

今日は、あなたにお伝えしたいことがあってペンを取りました。

I picked up the pen today because I had something I'd like to tell you.

いつものような近況報告を始めたら、それだけで便箋が何枚も必要なくらい。たくさんのことが私の身に起こりました。第六学年にあがってそれほど時間もたっていないはずなのに。本当に、たくさんのことが。

If I started with my current circ.u.mstances like always, I'd need several stationaries just for that. A lot of things have happened to me. Even though I shouldn't have had that much time since I'm a sixth year… honestly, there was a lot.

それについてはいつか、あなたに直接会ってお話したいと思います。学園で、女の子のお友達もできました。ぜひあなたに紹介したい。できれば今度、あなたの舞台を観に行った時にでも。

Speaking of which, I want to catch up and talk with you face to face one day. I was able to make a female friend at school. I want to introduce her to you. Maybe when I go watch your performance or something if possible.

これまで、何度もあなたに誘っていただいたのに、観劇に行くことができませんでした。あなたに会いたくなかったわけではないけれど、私が観る舞台の上でもしあなたが倒れ伏したらと思うと、足がすくんでしまったのです。どうか、許してください。

Even though you've invited me several times thus far, I couldn't go watch. It's not that I didn't wanted to see you, but my legs would freeze up thinking what if you fell down the stage. Please do find it in your heart to forgive me.

でも今は、心からあなたに会いたいと、二年の間会うことができなかった私のお友達に、会って話をしたいと思っています。このところ私の身に起こったたくさんの出来事は、少しだけれど私を成長させてくれたようです。

But now, I want to meet with you from the bottom of my heart, I want to talk with my friend, who I couldn't meet for the past two years. The various things that happened to me recently seems to have, even just a little, made me grow.

心がはやって、話したいことはたくさんあるのだけれど、真っ先にあなたに伝えたいと思ったことを二つ。

There's a lot of things I want to quickly talk about, but I want to start off with two things.

一つは、最後にあなたと話をした日に、言いそびれたことです。

The first, is about what I failed to mention the last time we talked.

言いそびれたというか、その時は完全に混乱していて、何を言えばいいのか分からなかったの。でも、今思うと、私が言うべきことはこれだったのかな、と思います。

Or, rather than failed to mention, I was in complete disarray that I didn't know what to say. But now that I think about it, maybe this was what I should've told you.

それは、私の気持ちです。あなたが偽物だと断じたあなたの愛情を、少なくとも私は本物だと信じているということを。たとえ意味はなくとも、私はあなたに伝えるべきではなかったのかと、今になって思います。

This is what I feel. At the very least, I believe the love you concluded as fake, is genuine. Even if it's meaningless now, I regretted not telling you.

だって、私はあなたの恋においては部外者ですが、私が自信を持ってあなたに伝えることができるのは、ただ、自分の気持ちだけなのです。

I mean, I am an outsider to your love, but the thing I can confidently tell you is my own feelings.

私は、たった一人を見つめるあなたの恋心が、誰のものにも劣ることのない真実の愛情であると信じます。劇作家さんと話をするあなたを見たことがあるんです。あなたの声は、隠しようがないくらいに明るく弾んでいました。

I believe that the love you have, which is fixed on just one person, is a true love that wouldn't lose out to anyone. I've seen you when you talk with Mr. Playwright. Your voice becomes so cheerful that it's impossible conceal it.

その時に限らず私は、あなたと一緒にいて、ずっとあなたの心を感じていたのです。少し臆病で、繊細で、でも情熱的に舞台を愛しているあなたの心を。

It's not just then, when I was with you, I'd always felt your sincerity. You're a little timid and delicate, but I feel your heart that you're pa.s.sionate for the stage.

どうか、あなたにもそれを信じてほしい。

Please, I want you to also believe that.

こう考えることはできませんか? 舞台幽霊はきっときまぐれなの。

Can't you think of it like this? The stage ghost almost certainly had a caprice.

*** You are reading on https://webnovelonline.com ***

幽霊はずっと舞台にとりついているうちに、舞台を愛する心を思い出してしまったのでは? そして同じく舞台を愛するあなたの心に感じ入り、その恋を応援しようと思ったのでは。

To my one and only friend.

お手紙をありがとう。本当に、ありがとう。

Thank you for the letter. Really, thank you very much.

手紙を読んで、涙がこぼれました。勝手に。

When I read the letter, my tears kept falling on their own.

そして、すぐに分かりました。あなたが変わったのだということ。あなたの身に何があったのか、とても気になります。きっといつか話してくださると信じます。

And, I can immediately tell that you've changed. I'm really curious as to what happened to you. I'm sure I'll believe it when you tell me someday.

でも、もしかしたら、あなたはこの二年の間に、少しずつ変わっていたのかもしれない。そうも思いました。もうあれから二年もたっただなんて、私にはとても信じられません。

But, perhaps you've changed bit by bit these past two years. That's what I think. I really can't believe it's already been two years since then.

それはきっと、私が何も変わっていないから。

あなたからの手紙を読んで、自分を見て。私は、この二年間、いったい何をしてきたのだろうと思いました。

I'm sure it's because I haven't changed at all. When I read your letter, I looked at myself. In these two years, what in the world have I been doing?

私も、変わりたい。そう強く思います。

I want to change too. That's what I strongly believe.

つたない手紙でごめんなさい。あなたの手紙を読んで、たくさん考え事をしました。あなたの誠意にこたえたいと思うのです。

Forgive me for the shoddy letter. When I read your letter, I thought about many things. I want to meet your good sincerity.

そして、私が考えたことをあなたにしっかり伝えられるとしたら、舞台をみてもらうことだと思いました。急な話で、もしも無理なら断っていただいてもいいのです。でも、もしできたら、あなたにみていただきたい。今公演中の舞台です。公演最終日の券を封筒に入れます。二枚。良かったら婚約者の方もご一緒に、来てください。

And when I think of how to properly conveying these thoughts to you, it would be having you see it on stage. It's sudden so if you can't go, you can just refuse. But if you can, I'd like you to watch. It's the current public performances. I've included tickets for the last show in the envelope. It's for two. If you'd like, please come together with your fiance.

もしも、もしも来ていただけたら、とても嬉しいです。どうか。

If, if you can come, I would be incredibly happy. So please.

あなたにミリアと呼ばれるのが好きです。だから、ミリアも確かに、私の名前なのだと思います。

I like having you call me Miria. So, I think Miria is also certainly my name.

ミリア・ガラント

Miria Galant

~~~~~~~~~~~~~~~~

*** You are reading on https://webnovelonline.com ***

Popular Novel